トップページ of ohshimaya.net

ようこそ霊峰三峯へ…

樅の木のある店

DSC_0155.jpg

Photo:冬の三峯樅

三峰山頂まで車で登れるようになったのは昭和四十二年のこと。当時大根畑だったところに現在の秩父市三峰山営駐車場が作られました。駐車場中央の階段を登りクリン草畑を登り詰めると大きな三つ柱鳥居の正面に当店はあります。目印はおおきな樅の木。
130年前創業当時は現在の大達原手掘りトンネル近くで店を開きました。道路開通に伴い大輪、三峰山頂と店を移し現在に至っております。時は流れ様変わりを続けていく世の中ですが、三峰山大島屋では今も昔も変わらぬ思いで皆様のお越しを御待ちしております。
DSC_0229.jpg

霊峰三峯 三峯神社

三峯神社は今から1900年程昔、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東の国の平和をお祈りし国産みの神様(イザナギ、イザナミの尊)をおまつりしたのが始まりと云われて下ります。尊を導いた山犬(オオカミ)がお使いの神です。
_DSC0840.jpg

三峰の名は神社の東方にそびえる雲取山、白岩山、妙法ヶ岳の三つの峰が美しく連なる事から命名されました。
天平時代に国々に疫病が流行し聖武天皇は三峯神社にも祈願され「大明神」号を賜ったと伝えられます。平安時代には修験道の開祖役小角が修業し、山伏の修業道場となりました。鎌倉武士で有名な畠山重忠は三峯神社を篤く崇敬し、本殿前の杉は重忠が奉納した物です。山深い三峯山は時に盛衰がありましたが、戦国時代には行者道満が社頭の復興に尽くしました。江戸時代には山主日光法印が各地に三峯信仰を広め社殿の造営を行い現在の基を築きました。
神様と仏様をお祭りしていた三峯山は明治の神仏判然令により神様だけを祭る神社となりました。

奥秩父の山々へ

三峰山は奥秩父山岳ルートの登山口。
111118_1.jpg
日本百名山の雲取山(2018㍍)白岩山(1921㍍)霧藻ヶ峰(1523㍍)妙法ヶ岳(1322㍍)など…本格的な登山から紅葉や新緑を楽しめるハイキングまで多くのコースがございます。

詳しいお問い合わせ

〒369-1902 埼玉県秩父市三峰297-2
電話:0494-55-0039 Fax:0494-55-0100
Mail:info@ohshimaya.net

Links

fb_b.pngtw_b.pngfr_b.png